キレイモの脱毛効果を解説。回数別に何回で終了するのかをご紹介

全身脱毛

脱毛って一体どのくらいの回数を行えば効果が出てくるのでしょうか。

満足するにはどんな回数を契約すればいいのか、参考になるキレイモの脱毛効果に関して解説します。

どのくらいのレベルを目指して脱毛するのか、気持ちと照らし合わせながらご覧ください。

そもそも、脱毛したのに効果がない?

もうすぐ夏がやってくるから脱毛を始めよう!と意気込んで、夏直前に脱毛サロンへ滑り込みで契約。

「来週の海に向けて、さっそく1回目の施術をしてもらおう。

イベントの直前に施術をしてもらい、準備は完璧!

そう思っていたら、あれ?毛が残っている……。」なんてことありませんか?

実はそれには、脱毛の仕組みと深いつながりがあります。

今回は、さまざまな脱毛の種類や特徴、サロン脱毛の回数別効果、そして効果を実感しやすくする方法をご紹介します。

脱毛の仕組み

脱毛の仕組みについて説明するため、まずは私たちに生えている毛について解説します。

毛は、皮膚から出ており目に見える部分である”毛幹”と、皮膚の中にあり目に見えない”毛根”とに分けられます。

私たちの毛を作り出しているのは、”毛根”です。
毛根の根元にある、球状に膨らんでいる部分は”毛球”と呼ばれ、毛球の内側にあるのが”毛乳頭”です。

毛乳頭は、毛細血管が運んで来る栄養分を取り込んで、毛球内部にある”毛母細胞”に与えます。

栄養分を受け取った毛母細胞は分裂を繰り返して、次々に細胞を押し上げ、毛は成長しているのです。

そして、毛には一定の周期で寿命があります。

発毛と脱毛を繰り返す毛周期というものがあり、”成長期”→”退行期”→”休止期”の大きく分けて3つの段階があります。

単純に目に見える毛幹を処理しているのが家庭用脱毛、毛根から処理しているのが医療・サロン脱毛です。

この後それぞれの仕組みを簡単にご紹介していきます。

家庭向け脱毛

家庭での脱毛というと、1番定番なのがシェービングではないでしょうか。

カミソリを使用して、目に見える毛幹部分の毛をそっていきます、お風呂で気軽に全身を手入れすることができるのが魅力です。

しかし、少し生えてきたときのチクチク感が気になってしまいます。

次に多いのは、脱毛クリームでしょう。

除毛クリームとも呼ばれるこの手入れ方法。

脱毛用のクリームを塗り、一定時間放置することで毛が処理できます。

肌への負担もカミソリより少ないとされており、お手入れ頻度は少なめで済むようです。

これもシェービング同様、毛幹部分を処理しています。

そして、最近人気なのはブラジリアンワックス。

主にビキニラインの脱毛に使用されることが多いです。

ブラジリアンワックスは、ワックスを肌に塗り、一定時間置いた後、シートを引きはがしていきます。

ワックスと毛が密着して、シートと一緒に毛の根元から抜いてくれます。

抜く瞬間の痛みが少しある脱毛方法です。

脱毛サロン・医療脱毛クリニック

脱毛サロンでは光脱毛が主流。

光脱毛は、毛を剃った肌にフラッシュのような光を当てます。
光を当てることで毛根にあるメラニンに働きかけ、ダメージを与えることで毛を薄く、生えにくくするのです。

医療脱毛は、永久脱毛とも呼ばれ、レーザーを当てることで毛母細胞を破壊して、永久的に毛を生えさせなくする施術方法。

最後に、ニードル脱毛です。

特殊な電気針を使用して、ひとつひとつの毛穴にニードルを挿入することで毛根にダメージを与えます。

それにより毛を生えさせなくするのです。

脱毛したけど効果がない理由

実は、脱毛しても効果が出にくい理由というものがあるのです。

どんな理由があるのか、ご紹介します。

日焼け・タトゥーが入っている

たくさんの日焼けをすると、肌が紫外線によりダメージを受けます。

ダメージを受けた肌は、赤く火照っていたり、カサカサ乾燥したりしますよね。

実は日焼けをした肌は、火傷をしたのと同じといっても過言ではありません。

脱毛をすることでさらに肌を痛めてしまうこともあります。

また、黒い色に反応する光脱毛では、焼けた肌にも反応してしまい、痛みだけではなく、本来の効果が出なくなってしまうのです。

タトゥーも日焼け同様、黒い部分に反応してしまい、火傷してしまう可能性があります。

また、タトゥー部分に照射すると、色味が変化してしまうこともあるのです。

そのため、タトゥーをしている部分は避けて施術されます。

このように、施術できない部分の脱毛はできないのです。

生理中や白髪である

生理中の方はVIOなどのデリケートゾーンの施術ができません。

そのため、時期をずらして再施術する必要があります。

また、黒い色に反応する脱毛方法では、白髪(白い毛)も脱毛することはできません。

これらの理由によって、脱毛しても効果が出にくくなってしまう場合があるのです。

毛の質に応じて脱毛効果が違う?

毛の質によっても、実は脱毛効果が違います。

次は、効果が出やすい毛質と、効果が出にくい毛質についてそれぞれご説明します。

効果が出やすい毛質

太い毛、濃い毛、剛毛の方は効果が出やすいです。

黒い色に反応する脱毛方法では、黒ければ黒いほど、そして濃ければ濃いほど、反応をしやすいのです。

効果が出にくい毛質

先ほど、太い毛、濃い毛、剛毛の方は効果が出やすいとお伝えしました。

効果が出にくい毛質は、その反対である、薄い毛、柔らかい毛、産毛などです。

もともと毛の薄い部分は照射しても反応しにくいため、脱毛効果が出にくくなってしまうのです。

太い毛、濃い毛も施術をしていくにつれて、だんだん薄くなるため、効果を感じにくくなってしまう可能性もあります。

脱毛の効果は毛周期にも関係が!

冒頭に、毛には一定の周期で寿命があることをお伝えしました。

脱毛の効果には、毛周期にも関係があるようです。

毛には、発毛と脱毛を繰り返す毛周期というものがあり、”成長期”→”退行期”→”休止期”の大きく3つの段階があります

この中でも、成長期は毛を成長を続けている期間です。

成長期に脱毛をすると、効果がしっかり出ます。

その他の時期は、効果が出にくい場合もあるのです。

毛の周期に合わせた施術も大事なのですね。

キレイモの脱毛効果は?回数別に解説

脱毛の効果の出方について、効果が現れにくくなってしまう条件や、毛質、毛の周期などで異なるということをご紹介しました。

では、キレイモの脱毛効果はどうでしょう?

回数別にどのくらいの効果があるのか、調べてみました。

キレイモの脱毛効果|1〜3回

毛が細くなっていくのを実感できる方もいますが、1〜3回目ではしっかりとした効果を感じることは難しいかもしれません。

しかし、濃い毛が施術後2週間ほどで自然と抜けてきます。

指で軽くつまむだけでも、するっと抜ける感覚は何とも言えません。

抜ける感覚があるため、続けていく意気込みが入ります。

キレイモの脱毛効果|4~6回

4〜6回目になると、脇などの毛が濃い部分についての効果がよくわかるようになります。

毛が細くなったり、生えるスピードが遅くなったりして、少しずつ効果を実感できるはず。

しかし、まだ完全に毛がなくなるわけではありません。

キレイモの脱毛効果|7~10回

毛が少なくなり、自己処理のペースがだんだんと減っていきます。

脇やVIOなどは濃い毛が少なくなり、大きな効果を感じられます。

毛の薄い部分については、満足し始める方と、あまり変化を感じることができない方に別れるようです。
毛質等により異なるのかもしれません。

キレイモの脱毛効果|11~13回

11〜13回目になると、大きく効果が現れ、満足する方もいらっしゃいます。

毛が薄くなり、自己処理もほとんどしなくてもいいくらいです。

しかし、膝や指などの効果がすぐに出にくい部位について、満足しきれない場合や、まだらに生えてくる場合があります。

「そんなに濃くないけれど、自己処理の回数を減らしたい」という方はこのくらいの回数でも満足できるかもしれません。

キレイモの脱毛効果|14~18回

14〜18回目は生えてくる毛が気にならなくなってきます。

回数契約の場合は、18回くらいをすすめられることも多いかもしれません。

多くの方が、この回数で一度満足できるでしょう。

しかし、永久に毛が生えてこないわけではありません。

その先も少しでも気になるときが来たら困る、というときは、脱毛し放題プランを選ぶことをおすすめします。

キレイモの部位ごとの脱毛効果

続いて、キレイモの部位ごとの脱毛効果をご紹介します。

どの部位の脱毛も、毛がなくなるだけではない、他にもメリットがあります。

ぜひ、脱毛部位を選ぶときの参考にしてください。

◆顔脱毛
顔脱毛は、ムダ毛を処理することで、毛がなくなるだけでなく、他にも素敵な効果があります。

①毛穴の引き締め効果
②毛がないことで化粧ノリアップ
③肌トラブルの回避

毛がないことで、肌がトーンアップしてさらに美しく見えます。

また、カミソリなどで自己処理すると、大切な顔を傷つける恐れがあるため、サロンでの脱毛をおすすめします。

◆VIO脱毛

VIO脱毛は、ビキニラインをはじめとするデリケートゾーンの脱毛です。

①水着着用時のムダ毛のはみ出し防止
②生理中の下着のムレ防止
③衛生的

自分で処理することが難しく、デリケートな部分で痛めないようにするには、サロンで脱毛するのがおすすめの部位です。

毛が濃いため、施術の際に少し痛みを感じる可能性はありますが、効果がわかりやすいです。

◆上半身の脱毛
上半身の脱毛は女性の気になる部分がたくさん。

脇は毛が太く、効果が目に見えてわかりやすい部位です。

その他の上半身の毛は細いため、効果が出るのはあまり早くないかもしれません。

しかし、自分ではなかなかお手入れができない、うなじや背中のシェービングから脱毛までをお願いできるのは、とても嬉しいですよね。

◆下半身の脱毛
下半身で一番気になるのは、膝下ではないでしょうか。

自己処理しても、気づいたらチクチクなんてことも。

そんな下半身は、脱毛の効果がわかりやすい部位です。

VIOや膝下は毛が濃く、太いため、早い段階で抜ける様子や薄くなっていく様子がわかりやすいでしょう。

膝などの皮膚の硬い部分は少し効果を感じづらいかもしれません。

キレイモで脱毛効果を実感しやすくするための方法

脱毛の効果について、さまざまな情報をお伝えしましたが、実際にキレイモで脱毛効果を実感しやすくするためには、どんなことに気を付ければいいのでしょう?

ポイントを3つご紹介します。

その①|脱毛前後の自己処理

脱毛前後の過度な自己処理は控えましょう。

脱毛前にはもちろん毛の処理をしておかないといけません。

その際は、電気シェーバーを使うなど、少しでも肌を傷つけない方法を取れるといいですね。

脱毛後の自己処理は次回施術の1、2日前までは控えていただくのがベストです。

どうしても気になる場合は、先ほども述べたように、電気シェーバーを使うなど、肌を傷つけないようご注意ください。

その②|飲酒や入浴を控える

脱毛のお手入れ前後12時間は飲酒を控えましょう。

アルコールを脱毛の前後に飲むと、肌トラブルを引き起こす可能性があります。

アルコールを飲むと、血流が良くなり、施術箇所に赤みやかゆみが発生し、刺激により湿疹がでるなど肌にダメージを与えてしまうことも。

アルコールの吸収については、体質によって早い人と遅い人がいます。

分解速度には個人差があるため、”前後12時間”は控えておきますようにしましょう。

 

その③|日焼けやタトゥー

たくさんの日焼けをすると、肌が紫外線によりダメージを受けます。

ダメージを受けた肌は、赤く火照っていたり、カサカサ乾燥をしたりしますよね。

実は日焼けをした肌は、火傷をしたのと同じといっても過言ではありません。

脱毛をすることでさらに肌を痛めてしまうこともあります。

また、黒い色に反応する光脱毛では、焼けた肌にも反応してしまい、痛みだけではなく、本来の効果が出なくなってしまうのです。

タトゥーも日焼け同様、黒い部分に反応してしまい、火傷してしまう可能性があります。

また、タトゥー部分に照射すると、色味が変化してしまうこともあるのです。

そのため、タトゥーをしている部分は避けて施術されます。

これらのように、施術できない部分の脱毛はできないのです。

まとめ

今回は、キレイモの脱毛効果について解説しました。

効果の出やすい、そして出にくい特徴と、回数別の効果の現れ方などです。

ぜひとも、ご紹介した内容を覚えていただき、今後の脱毛における参考にしていただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました