脱毛の前後にインフル・ワクチンンの予防接種ってNGなの?!

サロンやクリニックで脱毛の施術を受けるときは、月単位や年単位で通うことになります。

その間、風邪をひいたり、日焼けしてしまったり、さまざまな事情でサロンの予約を変更することもあるでしょう。

実は予防接種も脱毛との相性が悪いもののひとつです。そこで予防接種前後に脱毛ができない理由、各サロンやクリニックの対応などについてご紹介します。

予防接種前後に脱毛ができない理由

予防接種の前後では、光やレーザーによる脱毛ができません。これは、予防接種で体調が普段とは違う状態になるからです。

そもそも予防接種では、ワクチンと呼ばれる毒性を弱めた病原菌を体内に入れることになります。

体内に入ったワクチンはそこで病原菌に対する免疫力を作り、発症を予防したり、症状を弱めたりする働きをするため、予防接種を受けるということは軽くその病気にかかった状態になるのです。

そんなときに脱毛の施術を受けたら、思わぬ体調不良を引き起こす恐れがあります。

肌の状態も、普段とは違って敏感で痛みを感じやすく、デリケートな状態です。

このため、過剰に痛みを感じたり、肌トラブルを引き起こしたりする可能性も高くなるでしょう。

予防接種前の脱毛

予防接種は、体調が万全な状態で受けることが原則とされています。

風邪を引いたり、熱があったりしたら受けることができません。

そして、サロンやクリニックで脱毛の施術を受けると、肌にある程度のダメージを受けた状態になります。それに伴い、体調も万全とはいえない状態になるのです。

このため、サロンやクリニックによって対応は多少違いますが、4日~2週間程度、間を空けることが求められます。

予防接種後の脱毛

予防接種後も同様に、脱毛は控えるようにしなければいけません。

予防接種後という体調が安定していない状態で脱毛の施術を受けると、肌もデリケートな状態になっているので肌トラブルを起こしやすいのが特徴です。

そして、思わぬ体調不良に陥ってしまうこともあります。

そのため、予防接種前と同様に、サロンやクリニックによって多少の違いはありますが予防接種を受けたあとも4日~2週間程度、間を空けるようにしてください。

すでに予防接種を受けてしまっていたら

すでに予防接種を受けてしまっていて近い日程で脱毛の予約を入れている場合は、そのサロンやクリニックに連絡して予約を変更することをおすすめします。

その対応に関しては、サロンやクリニックによって多少の違いがあります。

日程によっては施術を受けられることもあれば、変更しなければならないこともあるでしょう。

変更の場合のシステムも、サロンやクリニックによって違うのでよく確認することが大切です。

各サロンクリニックの対応

脱毛サロンや脱毛クリニックでは、予防接種の前後の対応やその際の予約変更についてルールを設けています。

また、その内容はサロンやクリニックごとに異なるのが特徴です。そこで、いくつかのサロンやクリニックの予防接種前後の対応を事前にチェックしておきましょう。

湘南美容外科

湘南美容外科では、予防接種前後の10日間の間は脱毛の施術を受けることができません。

予約変更に関しては、2日前の23時までの連絡なら無料で受け付けてくれます。

しかし、その期間を過ぎたら3,000円のキャンセル料がかかってしまうので注意です。

また、連絡なしにキャンセルした場合では、その次の施術予約を取るのに便利なWeb予約が使えなくなるので気をつけてください。

<店舗情報>
電話:0120-489-100
公式HP:https//www.s-b-c.net/
予約キャンセルフォーム:https//www.s-b-c.net/twe-reserve/activate.cgi

キレイモ

キレイモでは、予防接種前後の14日間は脱毛の施術を受けることができません。

予約変更は公式ホームページの予約変更ページからおこなうことができます。

マイページからの予約変更は前日の23時59分までです。

ただし、契約プランによっては3日前の23時59分までとなっています。

電話だと同様に21時まで対応が可能です。

この期間を過ぎると、当日キャンセルと同じ扱いになってしまうので注意してください。

当日キャンセルの場合はキャンセル料はかからないものの、その日施術する予定だった一回分が消化されたことになってしまいます。

<店舗情報>
電話:0120-444-680
公式サイト:https//kireimo.jp/
マイページ:https//kireimo.jp/member/login.html

ミュゼ

ミュゼでは、予防接種前後の10日間は脱毛の施術を受けることができません。

予約変更は会員サイトにておこなうことができます。

予約日の前日の23時59分までキャンセルの受付を可能としています。

ただし、これを過ぎてしまうと当日キャンセル扱いになってしまうので注意しましょう。

当日キャンセルに該当するとキャンセル料は発生しないものの、解約時にその日の施術分の返金がなくなります。

回数保障制度があるので、契約期間内なら当日キャンセル分の施術も受けることは可能です。

<店舗情報>
電話:0570-082489
公式サイト:https//musee-pla.com/
会員サイト:https//musee-pla.com/member/login.php

リゼクリニック

リゼクリニックでは、予防接種の前後1週間(麻疹風疹の予防接種に関しては予防接種前1週間、予防接種後は2週間)は脱毛の施術を受けることができません。

予約変更は、予約時間の3時間前までに連絡することになっています。

予約時間が10~13時の場合は、前日の診療時間内までの連絡であれば受け付け可能です。

連絡がなかった場合ではキャンセル料は発生しないものの、その日の施術分が消化されたことになり、解約時の返金がなくなります。

<店舗情報>
電話 新宿院:0120-515-473
公式サイト:https//www.rizeclinic.com/
予約ページ:https//www.rizeclinic.com/saishin/

アリシア

アリシアでは、予防接種前後の10日間は脱毛の施術を受けることができません。

施術の予約変更は、いつでもおこなうことができます。

Webでの予約変更なら前日の20時まで対応が可能です。

しかし、20時を過ぎると電話のみの受付となり、この場合予約時間の1分前までOKとなっています。

キャンセル料などのペナルティは一切ないものの、無断キャンセルはお店の迷惑となり、ほかの方が予約をとりづらくなるので必ず連絡するようにしましょう。

<店舗情報>
電話 銀座院:0120-975-424
公式サイト:https//www.aletheia-clinic.com/policy/
会員サイト:https//mypage.aletheia-clinic.com/authentication/login

エステティックTBC

エステティックTBCでは、予防接種前後の4日間の間は脱毛の施術を受けることができません。

予約変更に関しては利用しているサロンに電話で連絡をするというルールが決められていて、予約日の前日の17時までとなっています。

この時間を過ぎると当日キャンセルということになり、キャンセル料が3,000円の支払いが発生するので注意しましょう。

<店舗情報>

電話:0120-025-236
公式サイト:https//www.tbc.co.jp/
予約申し込みフォーム:https//cb.tbc.co.jp/tbc/pc/reservation/

リンリン

リンリンでは予防接種の前は2日間、予防接種の後では7日間は脱毛の施術を受けることができません。

予約変更は通っているサロンへの電話連絡にて可能です。

予約日の前日の営業時間までキャンセルを受け付けています。

それを過ぎると当日キャンセルとなり、その日の施術が1回分消化となってしまうので注意しましょう。

ただし、キャンセルの理由によってはペナルティなしとなることがあります。

<店舗情報>
電話 新宿店:03-3340-0088
公式サイト:https//happyrinrin.com/rinrin/

銀座カラー

銀座カラーでは、予防接種前後の対応に対して明確なルールはないものの、注射の後赤みや腫れがひかない場合は施術を受けることができません。

念のため、前後1~2週間程度間を空けることをおすすめします。

予約変更は、会員専用サイトで当日の1時間前まで手続きすることが可能です。

コールセンターでも電話対応をしています。

また、キャンセル料やペナルティは一切ありません。

<店舗情報>
電話:0120-360-286
公式サイト:https//ginza-calla.jp/
専用サイト:https//mypage.ginza-calla.jp/login/

レジーナクリニック

レジーナクリニックでは、予防接種前後の10日間は脱毛の施術を受けることができません。

予約変更は予約日の2日前の20時までに連絡をする必要があります。

その時間を過ぎてしまうとキャンセル料は発生しないものの、その日の施術の1回分を消化したことになるので注意しましょう。

連絡はコールセンターでも受け付けていますが、お急ぎの場合は通っている店舗に直接連絡してください。

<店舗情報>
電話:0120-973-669
公式サイト:https//reginaclinic.jp/lp/c01/
専用サイト:https//reginaclinic.jp/contact/

恋肌 恋肌では、予防接種前後の7日間は脱毛の施術を受けることができません。

予約変更に関しては、店舗に電話する場合は予約日の3日前の13時まで受け付けていて、Webからであれば予約日の前日の18時まで受け付けています。

ただし、この期間を過ぎてしまうと当日キャンセルとなり、その日の施術が1回消化されたことになってしまうので注意してください。

<店舗情報>
公式サイト:http//koi-hada-lp.com/lp05i/
専用サイト:https//beauty.hotpepper.jp/kr/

脱毛ラボ

脱毛ラボでは、予防接種の後3日間は脱毛の施術を受けることができません。

予約変更は電話か来店、もしくはLINEからとなっており、いずれも2日前の20時までとなっています。

その期間中であれば、キャンセル料はかかりません。

前日のキャンセルだとキャンセル料が1,000円かかり、当日キャンセルや無断キャンセルの場ではその日の施術の1回分が消化されたことになるので注意するようにしましょう。

<店舗情報>

電話:0120-262-036
公式サイト:https//datsumo-labo.jp/

ストラッシュ

ストラッシュでは、予防接種の前後10日間は脱毛の施術を受けることができません。

予約変更は、予約を入れた店舗への電話連絡のみの対応となっています。

予約日の前日の20時まではキャンセルの受付が可能です。

しかし、その期間を過ぎると当日キャンセル扱いとなり、その日の施術の1回分が消化されたことになるので注意するようにしましょう。

<店舗情報>

電話:0120-961-678
公式サイト:https//stlassh.com/

予防接種は種類に関係なくNG

予防接種といってもさまざまな種類がありますが、脱毛に関しては予防接種の種類に関わらず、その前後に施術を受けることはできません。

特に、秋から冬にかけてはインフルエンザや花粉症など、予防接種を受ける機会も増えてくることもあるでしょう。

脱毛サロンや脱毛クリニックに通っている場合、施術の予約のスケジュールが予防接種のスケジュールとかぶらないよう、注意して予約を入れることが大切です。

採血後でも体調が良ければ施術可能

献血や採血をおこなった場合、体調に変化がない限りは多くのサロンで脱毛の施術をうけることができます。

ただ、腕の脱毛をする場合は針を刺した箇所をよけて施術されることとなるでしょう。

また、皮膚の状態やサロンやクリニックの対応によっては施術を断れられる可能性もあります。

そのため、献血や採血をおこなった当日に脱毛の施術を受けるようにスケジュールを組むのは避けておいたほうがいいでしょう。

家庭用脱毛器の使用と予防接種

家庭用の光やレーザーの脱毛器に関しても、サロン医療脱毛と同様の理由で予防接種前後の使用は避けたほうがよいです。

自宅での自己処理となるので、もしもトラブルが起きたとしてもすべて自己責任となってしまいます。

後々、トラブルが起きてしまったあとのことを考えると、予防接種前後の家庭用脱毛器の使用は控えたほうがよいでしょう。

まとめ

サロンやクリニックでおこなわれる光脱毛やレーザー脱毛は、安全性の高い脱毛方法なのですが予防接種前後に関しては避けたほうがよいです。

そのため、予防接種と脱毛のスケジュールがかぶらないように気をつける必要があります。

もし、知らずに予防接種を受けてしまったら、脱毛の予約は変更するのがおすすめです。

予約変更に関しては、サロンやクリニックによって対応が違うので通っている店舗にしっかり確認するようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました