VIO脱毛は生理中はできない?できる部位とできない部位があるって本当?

全身脱毛

濃く太い毛が生えるVIOは自己処理が難しく、脱毛サロンの中では人気のメニューです。

脱毛サロンなら自分では見えない部分もしっかりお手入れでき、汗ばむ季節も清潔に過ごすことができます。

しかし、VIOを脱毛するとなると生理中の対応が気になりますよね。生理中は毛に経血がついてしまうことも多く、「血が流れているのに脱毛できるの?」と不安な方も少なくないはず。

そこで今回は、生理中のVIO脱毛について詳しく解説していきます。

施術当日に生理がきてしまった場合の対処法も紹介しているので、これから脱毛サロンに通う方はぜひチェックしてみてください。

生理中には、VIO脱毛はできない

結論から言うと、多くのサロンで生理中のVIO脱毛はNGとなっています。

「血が少なければ大丈夫じゃないの?」と思ってしまうかも知れませんが、生理中のVIO脱毛には様々なリスクがあるのです。

なぜ、生理中にVIO脱毛はできない?

最も大きな理由は、脱毛レーザーが肌への負担となってしまうためです。

脱毛に使われるレーザーは基本的に肌への影響は少ないものの、生理中のVIOはとてもデリケートな状態。

普段は大丈夫でも、生理中は思わぬ肌トラブルを引き起こす可能性が高いのです。

また、肌だけではなく体に負担がかかってしまう場合もあります。

こうした理由から、生理中のVIO脱毛は避けた方が良いとされているのです。

生理中でもVIO以外の部位であれば脱毛できる場合も

サロンによっては「VIO以外の部位なら生理中でもOK」というところもあります。

VIO以外の脱毛を考えている方や、「せめて他の部位は脱毛したい」という方にはそういったサロンがおすすめです。

しかし、生理中は脱毛効果を普段より感じない場合が

しかし、生理中は普段よりも脱毛効果が薄れてしまう場合があります。

というのも、生理中はホルモンバランスの関係で肌が乾燥しやすく、脱毛機の光が浸透しにくい可能性が高いのです。

生理中に脱毛を行うとこんなリスクも…

生理中は肌がデリケートな状態になるため、施術後に肌トラブルが起きる確率が高まってしまいます。

さらに生理中は体調を崩しやすいので、施術によって体に負担がかかってしまう可能性も。

脱毛に使われている光は無害なものですが、生理中や風邪を引いているときに照射すると体調が悪化してしまうことがあります。

月経前症候群がひどく、頭痛や腹痛などの症状がでやすい方は特に注意が必要です。

このように生理中の脱毛には様々なリスクがあるため、できるだけ日程を調整し直した方が無難です。

もし、VIO脱毛の当日に生理がきてしまったら?

とはいえ生理周期はストレスや食生活の乱れなど、ちょっとしたことでずれます。

しっかり生理周期を確認しても、予定外の日に生理がきてしまう可能性もありますよね。もし予約当日に生理がきてしまったら、どのように対処すればよいのでしょうか?

各サロンのキャンセルポリシーを把握しておこう

もし施術当日に生理がきてしまったら、基本的には予約をキャンセルすることになります。生理が分かった段階で、なるべく早くサロンに連絡しましょう。

当日キャンセルへの対応は各サロンごとに異なるので、あらかじめキャンセルポリシーを確認しておくと安心です!

基本的には生理前後に脱毛の予約はしない

生理は数日前後するのはよくあることなので、基本的に生理予定日の前後は避けた方が無難です。

次の施術を予約する時は、予定の有無だけでなく生理周期を加味するようにしましょう。

生理に関するVIO脱毛のQ&A

最後は生理中のVIO脱毛に関するよくある質問にお答えしたいと思います。

Q1.生理前や生理の終わりかけはVIO脱毛できる?

生理中だけでなく、生理前や終わりかけの脱毛も基本的にはおすすめできません。

ホルモンバランスは生理前から乱れはじめているので、上記のように肌や体へ負担がかかってしまう可能性があります。

具体的には生理前2~3日は施術を避けた方がベターでしょう。

また、生理の終わりかけも同様です。生理が完全に終わり、体調が万全の状態で施術を受けるようにしましょう。

Q2.生理周期が不安定な場合はどうすればいい?

「次にいつ生理がくるか分からない」「生理予定日が大幅にずれることが多い」など、生理周期が不安定な方はあらかじめ相談しておくと安心です。

場合によってはより通いやすいプランや、予約方法を教えてもらえる可能性もあります。

また、生理周期が不安定な方は当日キャンセルに関するペナルティーのないサロンがおすすめです。

Q3.もし施術の真っ最中に生理がきてしまったら?

もしも施術をしている真っ最中に生理がきた場合は、基本的にはその場で施術をストップすることになるでしょう。

その場合、次回以降の施術がどうなるのかはサロンによって異なります。

残った部位のみを別日に施術できる場合もあれば、また一からやり直しになる場合もあるでしょう。

不安な場合は念のためカウンセリング時に相談しておくと安心です。

まとめ

生理中はホルモンバランスの関係で、肌や体に対する負担が普段より大きくなります。

そのため生理中のVIO脱毛はNGとなっているサロンが大半です。

また、脱毛効果が薄れるなど様々なリスクがあるので、VIO以外の部位も手放しではおすすめできません。

当日に生理がきてしまった場合は基本的にキャンセルするしかないので、キャンセルポリシーはしっかり把握しておくと良いですね。

生理と上手に付き合いながら、スベスベのVIOを手に入れましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました